無名バンドが世界に出るまで ◎ SAKURA KAGUYA日記 ◎

"SAKURA KAGUYA" というバンドのメンバーがそれぞれ好きなことを書いていくブログです。このバンドが世界に出るまでの経路を書き綴っていくのが一応のメイン記事です。バンドと楽曲の存在を知ってもらうために始めました。音楽に興味を持ってもらったり、バンド活動等のヒントにしてもらえると幸いです。

アップロード済み楽曲数 : 5
ライブ回数 : 3
現在メンバー:2人 サポート:4人ほど

Castanets

おはようございます。

 

 

f:id:sakurakaguya-since2016:20160912140921j:plain

 

今日はこれのお話をしようと思います。

 

 

むか~しに使ったような気がしますね。

 

こいつの名前、覚えているでしょうか。

 

カスタネットですね。

 

しかし5年ほど前にネット上で、

 

カスタネットの本当の名前は、

ミハルスだった!

 

 

そんな噂が浮上したのを、

ご存知でしょうか。

 

その全貌を明らかにしていきマス。

 

 

f:id:sakurakaguya-since2016:20160912142330j:plain

 

これが本来のカスタネットと呼ばれる

カスタネットだそうです。

 

スペインでフラメンコに使われたり、

楽団で打楽器の1つとして使われたり、

本気の演奏の場で使われるのが

このタイプです。

 

f:id:sakurakaguya-since2016:20160912143541p:plain

 

一方幼稚園などの教育用の楽器としては、

f:id:sakurakaguya-since2016:20160912140921j:plain

よく見るこの青と赤のカスタネットが用いられています。

 

 

ここでミハルスってなんだ!という疑問が生じてきます。

 

以下にミハルスというものについてまとめます。

 

 

・構造としては下の図のようなモノ

f:id:sakurakaguya-since2016:20160912143518j:plain

 

・日本の舞踊家・千葉みはるが1930年代までに考案した。

・このミハルスを原型として、

現在の教育用カスタネットが作られた。

・現在の演奏会用カスタネットとも、

教育用カスタネットとも形は違う。

 

結果として

 

f:id:sakurakaguya-since2016:20160912140921j:plain

 

これはミハルスじゃない!

カスタネットであっています!

 

 そんなカスタネット

青色の面を下にして演奏するのが、

正しい演奏方法らしいです。

 

皆さん気を付けてたたきましょう。

 

 

それでは最後にこちらをどうぞ。